English

もくじ

ニュース

作者について

作品

取扱店

制作依頼

生活

リンク

日記

ブログ

 

(c)All Rights
Reserved.

無断でコピーしたり、
使用しないで下さい

なよごん

絵を描いています。

水彩画、ペン画、油彩
イラスト、フライヤー、看板等
ご依頼はこちら→

仕事:

日本の綿についての季刊冊子「わたわた・コッ トン」表紙、挿絵、記事/
Little Eagle展示用ちらし「カディーについて」「ナバホチュロ」/
草木染め毛糸ナバホ・チュロ(アリゾナで販売)商品ラベル製作/
和菓子工房福どら商品 パッケージイラスト/「家の光」挿絵など
→作品、仕事のページ

おいたち

1973年12月イギリス、サリー州で生まれる。3歳で日本に帰るが日本語が喋れず、
覚えるまでのたくさん絵をかいていた。以後英語嫌いの絵好きになる。
自由の森学園中学・高校で学び、自分の物差しを大事にする事を学ぶ。
中学生という、エネルギー溢れる多感な時期に、上から押さえつける教育ではなく、
それぞれの意志を尊重してもらえる場所に居られたことはラッキーだったと思う。
大学に行って美術を学びたいのに、そのために予備校等に行って技術を覚えないといけないという
制度に憤慨しつつ、苦労して武蔵野美大油画科に入学。が、学校の外での事に夢中になり、休学の末、退学。
アルバイトで資金を貯めては、一人で旅歩いて絵を描く。インドの村の美しさと厳しさを目の前に、
“絵なんか描く意味ってあるの?人間はろくなものを作らない。
作物や家族を育てていけばいいじゃないか”なんて思ったり。インドで糸紡ぎ、アリゾナで毛糸紡ぎ習得。
2004年より鴨川和棉農 園にて畑手伝いを始め、同時にイベント・カフェなどで絵の展示活動を開始。
以降数年の間、農繁期は鴨川で、絵の展示と制作は東京で、農閑期はアリゾナで羊追いをして過ごす。
2008年秋より、アリゾナで出会ったナバホの羊飼いと家族になり、ご縁あって、北海道江別に移住。
2009年に女の子、2011年に男の子が誕生。しかし子供のお父さんは
日本の生活に結局馴染めず、単身アメリカへ帰国。
現在、小さい二人をひとりで世話し、保育園は待機児童だし、四苦八苦。
家族いっしょに住むため、現在、アリゾナに移住計画中。

メールアドレス:nayogon@msn.com

お仕事ご依頼→


aboutme/作者について works/仕事 what's new? my favorites links