アリゾナ奮闘記、時々更新

友人を訪ねて北アメリカのアリゾナに行きます。といっても居留区とされた、先住民が生活している奥地です。奥に行けば行くほど日本の田舎同様過疎化、じいばあばかり残っています。
電気、水道はまだ通っていません。近くで石炭会社が土地を爆破して露天掘りしています。地下水を利用し運送するので、土地が枯れてきているといわれます。石炭はこのCO2削減が叫ばれる時代にも関わらずアメリカの火力発電に使われていて、しかもその電気を浪費してるのはここじゃなくて、ネバダとか都市なのです。
飛行機を使って海を渡って来る自分もその「浪費家」の一人なのですが。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2004年12月ー2005年1月、冬の部

(スキャナーの具合が悪く、写真に線がでちゃってます)

この世の果てのようなところに居る気が時々する。
9年前にはじめて来た。標高2,000メートル近いメサ(台地)から見る360度地平線の見晴しに驚いた。
夕方には、西の空が夕暮れの赤色からオレンジ、薄紫色そして東から昇る『夜』の空へ次第に変化して行く様子が、一つの空の中でグラデーションとなって同時に見える。夜の星の数、普通に見える流れ星にも圧倒されたし、逆に晴れた満月では夜でも自分の影がくっきり見えるほど明るい。東京で、建物の隙間からわずかに見える空、星の見えない夜空の下で生活している私にとっては、空がみんな自分のものになったようで、とくに朝陽が昇るのを見る時、とても贅沢をしている気分になる。電気のない生活だと朝の陽が昇る時の嬉しさも大きい。暗い部屋に入るとついつい壁際に電気のスイッチを探してしまうが、夜の明かりはランプかろうそくしかない。
乾燥がひどく、しばらく居ると、かかとも肌もかさかさだ。

水が汲み置きのここではお風呂はもちろんなく洗髪もタマにのこと。洗髪は贅沢な気分転換。なんと今回の滞在では、一週間に一回程度頭を洗うことが出来た。なぜなら今年の冬は雪が降り、屋根から採取した雪溶け水をためおいているから。

:::::::::::::::::::::::::::

2005年7−8月



日が昇る直前

7月15日
暑い。毎年暑いが、今年は特に暑いと思った。冬同様、人もラジオも気温を華氏で表すのでいままでピンとこなかったが、摂氏に直すとなんと日中は35度から43度の暑さになる。乾燥しているので日陰にいれば楽だが、標高が高く日差しが強いのでずっと外にいるとやばい。来てすぐ帽子もなく水もあまり飲まず外に居ると、熱中症になる。夜は気温がぐっと下がるので(私は毛布3枚かけても肌寒いくらい)、夜は良く眠れる。

7月18日
プロパンガスが切れてしまい、ガスが使えなくなった。朝と夜は涼しいので火を焚いて炭で湯を沸かしコーヒーを飲んだりパンを焼く。昼間は、以前段ボールで作ったソーラーオーブンでスープを作る。朝のうちに具材を用意し、10時頃にセットすれば量にもよるが早ければ昼、夜には料理できている。ポイントは、具材を薄く小さくカットすること、陽が一番当たるようにオーブンを移動させること。卵系は早く、オムレツは2時間くらいで出来たけど、お好み焼きは全然、焼け目もつかないしいまいちだった。


オーブン

数日後、町にプロパンを買いに行き、しばらく使っていなかったガスで動く冷蔵庫を始動させる。さっそく、買って来たジュースや野菜を入れる。ゼリーも作る。水で溶くだけの粉末のジュースも作って、入れる。夏に冷えた飲み物があるとは、なんとも贅沢なこと!!インドでは飲み水を瓶に入れて保存していて、外は暑くても水はひんやりして美味しかった。ここではプラスチックのバケツやボトルに保存しているので時に生温い!瓶にすべきだ・・・

7月25日
うさちゃん
友人のルイ−ズがレゲエフェスティバルに行き家を空けるので、飼っているうさちゃんをくれると言う。名前は『バーバ・ガヌージ』。イタリアのナスのサラダの名前が由来で、うさちゃんがくろうさぎで見た目がナスっぽいからそう決めたそう。
黒くてかわいいうさちゃん。リンゴ、人参、キャベツが好きで、干し草やラビットフードもよく食べる健康なうさちゃん。ぐぅぐぅ言いながら、足の周りをクルクル回る。

 

25日
砂絵に挑戦。
本来はセレモニーの時にメディスンマンが地面にさまざまな色の岩を細かく砕いた砂で精霊など描き、セレモニーのあとは残さないで消す。対して商品や趣味用のものは糊で砂を個定する。
ウサギ柄を描いたが、手間がかかり、仕上がりもぼこぼこ・・・

28日
馬に乗せてもらう。
毎日、馬の世話をしていて、あんなに大きいからだの美しい生きものが人の言うことを聞いて動くことに感動していた。私はもちろんひとりで乗馬をしたことはなく、操縦(?)はまったくできないので、後ろに乗せてよ!と飼い主に始終ブ−たれていたら、ついに、しぶしぶ乗せてくれた。かなりしぶしぶ。ここの馬はほぼ野生化していて調教されていないし、慣れない人が乗ると怒って立ち上がって振り落とされ、落とさて蹴られると大事故になるからだ。なので中でもよくトレーニングされた大人しめのものを選ぶ。前に乗せてくれた(飼い主は後ろ)ので、自分でヒモを持って誘導しなければいけない。やばい。案の定、右に行け、と引っ張っても左に行く!!それでもなんとか2〜30分くらい乗った。歩くより早く飛ぶようで、でも車とは違ったスピード感、飛んでくる馬のよだれなどを味わった。すごい。いいなあ。

:::::::::::::::::

日本、8月20日
NHKのドキュメンタリー番組で知床のカムイというヒグマを追った、『カムイの物語』をたまたま見た。ヒグマの『カムイ』は母グマにくっついてお乳を飲んでいる小熊で、番組では、彼が母熊の行動を通して狩りを学び、独り立ちして行く様子を追う。母親熊が繁殖期に入り、オス熊に会いに行く。オス熊は縄張り意識が強いので、小熊が見つかればかみ殺されてしまうかもしれない。母熊はカムイをわざと追い払う。そのあとカムイは一人で魚も取れず、腹をすかせて半年過ごす。川で産卵をする時期、魚は動きが鈍くなる。それを利用してカムイはうまれて初めて魚を穫ることに成功した。でも独り立ちすれば自分で工夫して食いつないで行かなきゃいけない。

知恵というのは、川や海に罠をかけて、魚のみならずすべて取りつくすこと(売りさばくために)ではない。自分が全ての命と繋がっていることを知っていて、自必要な量を取り、命をつなぐことが知恵だと思った。

私は一時期、環境問題や自分のアレルギー、そして商業的に生産・廃棄される動物肉への反対の意味で完全のベジタリアンになった。ネイティブと生活していると、動物がとても身近だ。世話している家畜を解体し、肉食する。菜食の自分の考えとの違和感を感じながらも、生活する上で、彼らがいかに動物から学んでいるかを知った。身近な存在であれば、動物をやみくもに捕って将来そこに住む者を困らせることはしないし、地域が汚染されれば家畜も汚染された水を飲んで病気になるから畑に農薬も撒かない。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2007年11月〜2月

乾いた大地に雪が降った!

 

 

うえに戻る

戻る

お気に入り

映画好き

旅病み

農園

奮闘記