ロンドンからロシア経由北京まで

リトアニア→ロシア→北京

旅の目的:ロシア経由して、東京に帰るのだ!

ENGLISH

 

バスでワルシャワからリトアニアのビリュニスに。バルトでロシアビザが取れるよ。

あまりに寒いので、古着屋さんで冬服を購入、靴は底厚のブーツに交換。

ビリュニス から列車で1泊、いよいよサンクト・ペテルブルク入り。

ビリュニスのピロシキ屋

2002年。ペテルブルグのドストエフスキー像。いまだに熱狂的なファンを持つ彼。高校の頃はまりました、ええ、あの暗さに。。

歌うチェブラーシカ。友人のために何体か日本へ連行

 

スパス・ナクラーウ゛ィ(だったっけ・・)聖堂

マイナス15度でも外でピロシキ売るかなあ。それだけに食べて感じる暖かさは格別

 

すずめに、えさやるだ。

モスクワ。キノーっていうバンド知ってる?ツォイが亡くなった時みんなここにいろいろ思いを書いたんだってね

 

モス大前のガンジー像

モスクワから! シ、シベリア鉄道『ロシア号』にて一路ウラジオストック方面へ。

同じコパートメントのウラジオに帰宅途中の明るいロシア人。毎日飲んで・・

 

 

車内の風景

4日間、列車から見える景色は雪の白樺林や木造の家屋連。高校の頃ノートのすみ(とか中心・・)に、そして大学入試でもこれと同じ景色を描いていた。なんで知ってたんだろう、なんで描いたんだろう?だから、とても懐かしい風景・・。

 

途中イルクーツクで下車して5日滞在。しびれる寒さと、確実に近づくアジアっぽさに感激

 

イルクーツク、バイカル湖がある町ルトビヤンカ

マイナス20度の野外で描くのは無謀だった

 

 

***列車はイルクーツクの後さらに4日かけて北京に到着しました。もうフィルムもお金も

なんにも残っていなかった私は、マイレージ(無料航空券)利用で北京からとっとと東京へ帰ったのでした。**

閉じる