大好きな映画

なよごんは、10代の時に狂ったように映画を観ました。お勧めの映画陣は、なので古めです。

人物をじっくり描写してる映画が好きです。暗めです。

 

黒澤明 「どですかでん」

ジェンゲラ−ヤ「ピロスマ二」

クストリッツァ「ジプシーの時」

カネフスキー「動くな、死ね、蘇れ!」

ゲンズブール 「Je t'aime, moi non plus」

フォアマン「カッコ−の巣の上で」

ホドロフスキー「エル・トポ」

Wenders 「PARIS,TEXAS」

レイ「大地のうた」

ほかにもいっぱい

汚れた血」とか「サンドイッチの年」、「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」、「サタデーナイトフィーバー」もいいね!!

10代の頃は映画をよく観た!上に挙げたような映画の中には、映画館まで2度も3度も観に行ったものもあります。特に中・高、予備校の頃、もらった小遣いは映画館の闇に消えました。通学途中にある都内の2、3本立て映画館は完全網羅、『ぴあ』が愛読書でした。一度、2、3万もする高額な通学定期券をどこかでなくしてしまっておろおろしていたら、映画館から「見つかった」という連絡が入りました。見つかった事は本当に嬉しかったんだけど、学校をさぼって観に行ってたのが親にばれるかと冷や汗をかいた記憶があります。浅草東宝の映画館の特集オールナイト上映を、親に禁止されてもこっそり深夜に家を抜け出て自転車で走ってまで観にいき、明け方興奮のうちに家に戻ったものです。そこまでしてもやっぱり見て良かった!衝動には正直に答えよう。ロシア映画にも凝って、留学も考えておりました。

20代になり旅に出るようになってからは、殆ど映画を観なくなりました。

 

黒澤好き

左はじの、腕しか写ってないのが19歳の私(自分の腕をのばして撮った写真)です。黒澤明とか三船敏郎が大好きで、幾度か黒澤さん家にファン・レターやらお花を持って行きました(迷惑だったと思います・・何度も親切に接して下さった黒澤さんや家族のふところのでかさに感謝)。当時8ミリカメラも所持しており、 一緒に写った1分くらいのフィルムは私の宝物です。

黒澤明さんに、「どですかでんが大好きなんです!素晴らしい映画です!」というと、「ありゃねぇ、いっちばん低予算で、しかも短期間で撮っちゃったやつなんだけどね・・」とのコメントをいただきました。・・・・。「ロシアに行きたいんです(『デルス・ウザーラ』は黒澤監督のロシア映画)」、というと、「いや〜、やめなさいよぉ、ロシアはむちゃくちゃだよぉ、寒いし、大変だよお・・」。

戻る

お気に入り

映画好き

旅行好き

和棉農園

アリゾナ奮闘

 

English