戻る

 

 

 

ENGLISH

 

         

 ※これは当時20代だった私の記録です。
当時の旅にはインターネットも携帯もなく、今と比べて情報のやりとりが格段遅い、不便。
のんきに旅を楽しめる時代でもありました。

      :::::::::::::::::::::::::::

旅病み

もう辞めます、もう辞めますと いいながら、貯めたお金は旅行費に。もう辞めます。

行った中印象深かった先の少しばかりの写真と一部スケッチです(地名をクリックするとページが現れます)。

旅のもちもの、私のお勧め

----------------------------------------------------------
私が田舎に育っていたらきっと都会に憧れていたと思うし、でも都内で育ったから田舎や村の生活にとても憧れました。実際山の中の先住の民や村人はどんな生活を今送っていて、都会で環境問題にもろ直面の私らが学べることって何だろう?村に残る昔ながらのしきたりって重いものけど、先人の残した経験と知恵を簡単に捨て去るだけじゃもったいない!
はじめはそうやって味のある国・土地を絞って、実際の生活に触れるため長期滞在する旅をしました。全く初めての土地でも知り合いができて家に呼ばれれば行って滞在し、食費など実費以外は若さだけが頼りの労働力で返す。日々の仕事を通して生活を学び、価値観やセンスのちがいに感心・感嘆・驚愕!結局どこで暮らしたって同じ人間で、都会にも田舎にも問題はあり、その内容は様々で、双方お互いが学ぶことがあります。いろんなところで様々なものの見方で物事を味わえたことは私にとって有意義で、なにより楽しいことでした。
だんだん旅なれてくると別の楽しみが出来ました。出発の準備とか不馴れな旅先での不安に満ちた移動、それに伴う予想外の展開だとか偶然の人との出会いも楽しみになりました。トラブルに対処する方法も所によってずいぶん違うし、その違いも面白い。そして初めて行った土地で会った初めての人に聞く新しい土地の情報によって旅の計画が変わっていくのも面白い

『ルンペンを辞める誓い』を書きながらまた行く山下清画伯とか、フーテンの寅次郎を、いいなあと思う時代でした。 

 

旅に病んで 夢は荒野をかけめぐる    芭蕉 

 

ふりむくな ふりむくな うしろには 夢がない   寺山修司 

 

(2002年)