バンコク経由ラダック

  旅の目的:タイの友人を訪ねる、インドのガンジーアシュラムを訪ねる

タイの友人を訪ねました。2001年

 

English

 

 

水上マーケット。活気溢れる船屋台で朝飯に麺を食べました。

インドには1997年、ガンジー祭りに初めていきました

雨期のガンジャード村

(紙にペンと色鉛筆)

2001年

知人曰く『インド人は皿の扱いが荒くて,陶器だと割れちゃうから

食器がみんなステンレスなんじゃない?』・・・そうかも?

ガンジャード村

 

ブバネシュワール 1997年

(紙にペン)

グジャラート

チャパティ大好き

(紙にペン)

恐ろしい、がけっぷちの大変狭い道を行く長距離バスに乗って、カシミール経由でラダックに行きました。

帰りはまたバスで高山越えて、マナリー経由でデリーに戻りました。道作った人えらいよね

ダー村の台所

(紙にペンと色鉛筆)

 

ダー村。頭の上に新鮮なお花を飾ります。ここの人はインドでもなく

チベットでもなく、どっかコーカサスやトルコみたいな顔立ちです。

 

レー、お寺が見える風景(紙にペン)

パキスタン 国境近いカシミールやダー村では軍がそこいらを行き来し、不穏な状態がつづいています。レーでは、『日本は軍を持たずその代わりとてもいい電化製品や車を作ってきたから素晴らしい!』とまじめにいわれました。作られた背景がどうあれ憲法9条守ってこれたの素晴らしい。この平和つう感覚は貴重なものだと思います。これからは国境を持つ外国の緊張感や、そういった背景に生まれた宗教観を考えた上で可能な平和を改めて考えなくては、と思います。

閉じる